三菱自動車、新型車攻勢でグローバル販売3割増の130万台へ…3か年中期経営計画

自動車 ビジネス 企業動向

三菱エクスパンダー
  • 三菱エクスパンダー
  • 三菱エクリプスクロス
三菱自動車は10月18日、2019年度の年間販売台数目標と年間売上高目標をそれぞれ、2016年度比30%以上増の130万台、2兆5000億円とする、3か年の中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」を発表した。

三菱自動車は強みであるSUV・4WD車やピックアップトラックのラインアップをさらに強化し、3か年の計画期間中、新型『エクスパンダー』や『エクリプス クロス』など、11の新型車を投入する計画だ。新規モデルまたはフルモデルチェンジ車を毎年2車種投入し、SUV・4WD車およびプラグインハイブリッドがグローバル販売台数の70%を占める見通し。さらに2020年以降、軽自動車EVを含め主力モデルに電動化パワートレインを用意する計画だ。

また、同社の最大かつ高収益市場であるアセアン地域では、今年操業を開始したインドネシアの新工場、および新規投入した新型エクスパンダーが成長を主導。アセアン地域での年間販売台数は20万6000台から、2019年度には31万台まで増加する予定だ。日本では、軽自動車の新型車を投入。米国では、販売事業の強化を進め、2019年度に30%増となる年間13万台の販売を目指す。中国では、ディーラー網を倍増し、2019年度までには販売台数を倍以上の22万台に引き上げる。

目標達成のため、設備投資と研究開発費を3年間で計6000億円以上に増額するが、コスト管理も徹底。開発費や生産・物流コストも含めた「ものづくり総コスト」の年率1.3%低減を目指す。これらのコスト管理を行いながら、アライアンスのメンバーとして、共同購買や研究開発でのコスト回避などのシナジー効果で計画期間中に1000億円以上の効果を生み出す。

益子修CEOは、「本計画は、当社の新たなロードマップだ。当社への信頼回復を最優先課題として取り組み、新型車の投入を確実に実行し、業績のV字回復を軌道に乗せる。設備投資や新型車開発への積極的な投資を行い、持続的成長への基盤を固める」とコメントしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集