マツダ CX-5、防府工場で生産開始…クロスオーバー系車種の需要増に対応

自動車 ビジネス 国内マーケット

CX-5
  • CX-5
  • 防府工場西浦地区
マツダは10月17日、防府第2工場(山口県防府市)で新型『CX-5』の生産を開始した。

現在、新型CX-5は、国内では宇品工場(広島県広島市)で、海外では中国とマレーシアで生産。防府第2工場での生産を開始することで、グローバルで高まる需要に柔軟かつ迅速に対応する。

マツダは、中期経営計画(2017年3月期~2019年3月期)で掲げているグローバル販売台数165万台の達成に向けて取り組んでおり、近年のグローバルにおけるクロスオーバー系車種の需要増加に対応するため、フレキシビリティを持った生産体制の構築を進めている。国内の生産拠点では、2016年12月に宇品工場に加え、防府工場でも『CX-3』の量産をはじめ、さらに2017年8月に宇品工場の車体工場においてクロスオーバー系車種の生産体制を強化していた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集