ホンダ、原付スクーター タクト のカラーバリエーション変更…新排ガス規制にも対応

モーターサイクル 新型車

ホンダ タクト
  • ホンダ タクト
  • ホンダ タクト
  • ホンダ タクト・ベーシック
  • ホンダ タクト・ベーシック
  • ホンダ タクト・ベーシック
  • ホンダ タクト・ベーシック
  • ホンダ タクト・ベーシック
  • ホンダ タクト・ベーシック
ホンダは、50cc原付スクーター『タクト』のカラーバリエーションを変更するとともに国内排出ガス規制対応を施し、10月17日より発売する。

タクトおよび低シート高タイプのタクト・ベーシックは2015年1月の発売以来、ヘルメットや小物を収納できるラゲッジボックスの採用やシンプルなデザイン、力強い出力特性と環境性能に優れた水冷4ストロークOHC単気筒エンジン「eSP」などで幅広い層から支持されている。

今回、平成28年排出ガス規制対応を施すとともに、カラーバリエーションを変更。タクトはシックで落ち着いた印象のヘビーグレーメタリック-Uを新たに採用し全2色を設定。タクト・ベーシックは鮮やかで上質感のあるキャンディーブレイズオレンジを新たに採用し、継続色の5色を加えた全6色のカラーバリエーションとしている。

価格はタクトが17万8200円、タクト・ベーシックが16万5240円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集