保守車試乗や綱引きなど…埼玉高速鉄道、車両基地を一般公開 10月28日

鉄道 企業動向

車両基地の一般公開では保守車両の試乗などが行われる。
  • 車両基地の一般公開では保守車両の試乗などが行われる。
  • 電車との綱引きは子供向けに行われる。
埼玉高速鉄道は10月28日、浦和美園車両基地(さいたま市緑区)の一般公開イベントを実施する。「第3回浦和美園まつり&花火大会」の一環として行われるもの。開催時間は10時から15時まで。

主な内容は、電車の運転席体験や保守車両の試乗体験、鉄道模型(Nゲージ)の展示・運転、プラレールの展示、150t以上ある電車との綱引きなど。このうち綱引きは有料(参加費200円)で、4歳から小学3年生までの子供のみ参加できる。

このほか、浦和美園駅の臨時ホームから電車に乗り、洗浄装置を通過する体験乗車イベントも行われる。

埼玉高速鉄道は、赤羽岩淵~浦和美園間の埼玉高速鉄道線(埼玉スタジアム線)を運営する第三セクター。車両基地は終点・浦和美園駅の先にある。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集