シートマップ予約に対応…西武鉄道、ネット予約を改善 10月14日から

鉄道 企業動向

「Smooz」は西武鉄道のチケットレス・ネット予約サービス。特急レッドアロー(写真)などの予約に対応している。
  • 「Smooz」は西武鉄道のチケットレス・ネット予約サービス。特急レッドアロー(写真)などの予約に対応している。
  • Smoozは今年3月にデビューした『S-TRAIN』の予約にも対応している。
関東大手の西武鉄道は10月14日から、同社のネット予約サービス「Smooz(スムーズ)」で座席表(シートマップ)を使った予約に対応する。

現在は乗りたい車両の番号(号車)を指定して予約することはできるが、座りたい席の番号を指定することはできない。この場合は駅の特急券・指定券発売窓口で購入する必要がある。10月14日以降はシートマップによる予約にも対応。空いている車両や座席を確認しながら任意の座席を選んで予約できるようになる。

Smoozは2013年に始まった西武鉄道のネット予約サービス。同社はそれ以前から特急レッドアローのネット予約サービスを提供していたが、Smoozはチケットレスサービスに対応。予約後に駅窓口や券売機で紙の特急券に引き換えることなく特急レッドアローに乗車できるようになった。今年3月からは4社直通の有料座席指定列車『S-TRAIN』の予約にも対応している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集