ヤマト運輸とトヨタ三重共販が共同物流---部品をヤマト運輸のトラックに混載

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ部品三重共販とヤマト運輸による共同物流のイメージ
  • トヨタ部品三重共販とヤマト運輸による共同物流のイメージ
ヤマト運輸はトヨタ部品三重共販と提携し、10月3日から三重県内の一部ルートで、ヤマト運輸が事業所間で運行するトラックの荷台スペースを活用し両社の荷物を混載して輸送する共同物流を開始すると発表した。

三重県内の配送の一部で、ヤマト運輸のトラックによる混載輸送を実施する。トヨタ部品三重共販が手配するトラックの走行時間を削減するとともに、ヤマト運輸が事業所間で運行するトラックの積載率を向上する。実施するのは津=名張・上野ルート、津=松阪ルートの2つのルート。

共同配送によってトラックの走行距離と運行時間削減により、より多くの時間を顧客への配送に充てることできるようになり、1台あたりの業務効率を向上できる。ドライバーの業務負荷を軽減し、配送に従事するドライバーの働く環境の改善にもつながる。

今後、三重県内他地域での展開も検討していく予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集