『北斗星』で運命の出会い!?…北海道北斗市で「鉄婚」イベント 10月21日

鉄道 エンタメ・イベント

鉄道の保存車両を婚活に活用するというユニークなイベント。道南いさりび鉄道も協力している。
  • 鉄道の保存車両を婚活に活用するというユニークなイベント。道南いさりび鉄道も協力している。
北斗の星に願いをプロジェクト推進委員会は10月21日、北海道北斗市の茂辺地(もへじ)北斗星広場で婚活イベントを開催する。

同推進委員会は、上野駅~札幌駅間で運行されていた定期寝台特急『北斗星』が廃止された2015年3月のダイヤ改正まで使用されていた、2両の『北斗星』用車両(スハネ25 501、オハネフ25 2)をJR北海道から譲り受け、旧茂辺地中学校のグラウンドで保存活動を行なっている。

今年6月には、グラウンドが「茂辺地北斗星広場」として整備され、車両の横には中華料理店の「北斗軒」もオープンした。

今回はそれらを活用した地域おこし策として、「願い事が叶う場所『寝台特急北斗星』で運命の出会い」をキャッチフレーズに、「鉄婚」と題したイベントを行なう。

開催時間は10時から18時までで、当日は、函館市の函館駅または五稜郭駅に集合。道南いさりび鉄道に乗車して茂辺地駅まで移動し、茂辺地北斗星広場で北斗市産の食材を使った食事やミニゲームなどを楽しむ。

参加資格は男女とも20歳以上の独身だが、男性は北斗市在住または在住予定の人に限られる。男女各18人程度を募集し、旅行代金は男性5000円・女性4000円。

申込みは北斗市商工会青年部まで。締切は10月10日で、申込み多数の場合は抽選となる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集