軽自動車販売、15.1%増の87万4857台で4年ぶりプラス 2017年度上半期

自動車 ビジネス 国内マーケット

ダイハツ・ムーヴキャンバスXリミテッドSA III
  • ダイハツ・ムーヴキャンバスXリミテッドSA III
  • スズキ・ワゴンR
全国軽自動車協会連合会は10月2日、9月および2017年度上半期(4~9月)の軽自動車新車販売台数(速報)を発表した。

●スズキ、6か月ぶりに首位奪還 9月

9月の軽自動車新車販売台数は、前年同月比10.8%増の17万7014台、6か月連続のプラスとなった。

車種別では、乗用車が同11.5%増の14万1802台で7か月連続のプラスだった。貨物車は同8.2%増の3万5212台で6か月連続のプラス。内訳は、ボンネットバンが同18.5%減の1265台で7か月連続のマイナス。キャブオーバーバンは同6.4%増の1万6588台で6か月連続のプラス。トラックは同12.8%増の1万7359台で7か月連続のプラスとなった。

ブランド別では、スズキが同9.7%増の5万0776台を販売し、6か月ぶりに首位を奪還。ダイハツも同1.7%増の5万0717台と順調だったが、わずか59台差で2位となった。そのほか、トヨタとスバルを除く全ブランドが前年同月実績を上回った。

1位:スズキ 5万0776台(5.9%増)
2位:ダイハツ 5万0717台(1.7%増)
3位:ホンダ 3万8591台(20.4%増)
4位:日産 2万台(44.1%増)
5位:三菱 6787台(22.8%増)
6位:マツダ 4165台(2.6%増)
7位:スバル 3209台(4.7%減)
8位:トヨタ 2760台(7.9%減)

●ダイハツ、2年連続トップ 2017年度上半期

2017年度上半期の軽自動車新車販売台数は、前年同期比15.1%増の87万4857台で4年ぶりのプラスとなった。

内訳は乗用車が同17.1%増の68万1908台、貨物車が同8.5%増の19万2949台で、いずれも4年ぶりのプラスとなった。貨物車の内訳はボンネットバンが同21.4%減の8277台で2年ぶりのマイナス。キャブオーバーバンが同9.2%増の9万4079台で2年ぶりのプラス。トラックが同11.6%増の9万0593台で3年ぶりのプラスとなった。

ブランド別では、ダイハツが同11.5%増の28万9336台を販売し、2年連続のトップ。そのほか、スバルを除く全ブランドが前年同期間実績を上回った。

1位:ダイハツ 28万9336台(11.5%増)
2位:スズキ 26万6067台(8.4%増)
3位:ホンダ 15万2201台(6.0%増)
4位:日産 9万0340台(93.9%増)
5位:三菱 2万5713台(57.9%増)
6位:マツダ 1万9784台(7.2%増)
7位:スバル 1万5810台(2.5%減)
8位:トヨタ 1万5560台(12.5%増)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集