つくばエクスプレス車両基地のシャッター、ギネス世界記録に

鉄道 企業動向

TX総合基地の車両更新場に設置された電動水平引きシャッター。ギネス世界記録に認定された。
  • TX総合基地の車両更新場に設置された電動水平引きシャッター。ギネス世界記録に認定された。
  • ギネス世界記録の公式認定証。
  • 首都圏新都市鉄道は秋葉原~つくば間を結ぶTXを運営している。
首都圏新都市鉄道は9月29日、車両基地のTX総合基地(茨城県つくばみらい市)に設置された「電動水平引きシャッター」がギネス世界記録に認定されたと発表した。

首都圏新都市鉄道は、秋葉原~つくば間58.3kmの常磐新線(つくばエクスプレス=TX)を運営する第三セクター。劣化した屋根被覆や外板などを交換するための施設(車体更新場)がTX総合基地にこのほど整備され、車両を横方向に移動させるトラバーサーや、車両の台車を着脱するリフト、電動水平引きシャッターなどが設置された。10月2日から稼働する予定だ。

首都圏新都市鉄道によると、車体更新場の電動水平引きシャッターは幅が約3m、長さが約21mで、計3枚が設置された。ギネスワールドレコーズリミテッドが「最大の水平引きシャッター(Largest horizontal roller shutter)」として認定し、9月29日に公式認定証が授与された。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集