トヨタ、ブラジルで新型 ヤリス 生産へ…2018年後半から

自動車 ビジネス 企業動向
新型トヨタ・ヤリス
  • 新型トヨタ・ヤリス
トヨタ自動車は9月25日、ブラジルで2018年後半から、新型『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)の生産を開始すると発表した。

トヨタは、ブラジル・サンパウロ州ソロカバ工場に、およそ10億レアル(約360億円)を投資し、新型ヤリスの生産に備える。生産開始は、2018年後半を予定している。

ソロカバ工場は2012年に稼働。2015年1月には、生産能力を年間10万6000台に引き上げた。現在、トヨタの新興国向けコンパクトカー、『エティオス』のセダンとハッチバックを生産中。

また、このエティオスは中南米諸国に輸出。アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ、ペルー、コスタリカ、ホンジュラスで販売されている。

なお、新型ヤリスの生産に伴い、同工場では300名の雇用を創出するとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集