ルネサスと米コージェント社、自動駐車システム向け3Dサラウンドビューの開発で協業

自動車 テクノロジー ITS

ルネサスとコージェントが自動駐車システムの普及に貢献
  • ルネサスとコージェントが自動駐車システムの普及に貢献
ルネサス エレクトロニクスと車載用ソフトウェアの米コージェント社は9月14日、次世代の自動駐車システムに向けた3Dサラウンドビューソリューションの開発で協業することを発表した。

新ソリューションは、ルネサスの車載情報・ADAS用SoC「R-Car V3M」と、R-Car V3M向けに最適化したコージェント社の3Dサラウンドビューソフトウェアで構成される。

R-Car V3Mは低消費電力を実現する専用のひずみ補正ユニットであるIMRを内蔵し、GPUを用いずに低消費電力ながら、リアルタイムな360度サラウンドビュー機能を実現する。また画像の絵づくりや認識処理向けにセンサ信号の変換処理を行うISP(画像センサ信号処理エンジン)を搭載し、ISPを搭載しない廉価なカメラでシステムを構成することで部品コストを削減。さらに専用の画像認識エンジンを搭載し、駐車枠や歩行者、障害物検知などを認識でき、3Dサラウンドビューシステムだけでなく自動駐車システムへの発展も可能となっている。

新ソリューションは、SoCはルネサスから、またソフトウェアはコージェントから、今年12月より提供する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集