車検切れ車両の取り締まり強化、ナンバー自動読取装置を公道に試行導入…公開デモも実施

自動車 社会 行政

街頭検査における車検切れ車両の取締りの流れ(イメージ)
  • 街頭検査における車検切れ車両の取締りの流れ(イメージ)
国土交通省は、車検切れ車両の取締りを強化するために街頭検査に可搬式の「ナンバー自動読取装置」を試行導入すると発表した。

可搬式の「ナンバー自動読取装置」によって公道を走行する車検切れ車両を把握し、車両のドライバーに直接指導・警告する対策を開始する。

試行導入に先立って、9月15日に国土交通省1階駐車場で装置の公開デモを行う。

デモでは車検切れ車両を模擬した自動車を走行させ「ナンバー自動読取装置」が車検切れであることを瞬時に把握する様子を公開する。

車検切れ車両による運行は安全上の問題があるほか、自動車損害賠償責任保険(強制保険)が切れている可能性も高い。国土交通省では無作為に抽出した車検切れ車両のユーザーに対して注意ハガキを送付している。さらに今年度から、街頭検査で可搬式の「ナンバー自動読取装置」を試行導入し、公道を走行する車検切れ車両のドライバーに対して直接指導・警告する対策を実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集