【フランクフルトモーターショー2017】ホンダのパワーマネージャー…EVが家庭に電力供給

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ・パワーマネージャー・コンセプト
  • ホンダ・パワーマネージャー・コンセプト
  • ホンダ・パワーマネージャー・コンセプト
  • ホンダ・パワーマネージャー・コンセプト
  • ホンダ・パワーマネージャー・コンセプト
  • ホンダ(フランクフルトモーターショー2017)
ホンダは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、「ホンダ・パワーマネージャー・コンセプト」を発表した。

ホンダ・パワーマネージャー・コンセプトは、効率的なエネルギーマネジメントを実現する目的で開発されたもの。モビリティと暮らしをつなぐパワーコンディショナーで、太陽光などの再生可能エネルギーや燃料電池車によって発電した電気と系統電力をやり取りして、家庭やEV向けに必要に応じた充放電を行う。

ホンダは、フランス政府が主導する「SMILE」(SMart Ideas to Link Energies)プロジェクトに参加。これは、IoT(モノのインターネット)技術の活用や、再生可能エネルギーの効率的な利用などを促進するフランスの国家プロジェクト。ホンダはフランス西部で2020年までに展開される実証実験に、パワーマネージャーを提供していく。

ホンダモーターヨーロッパのフィリップ・ロス上級副社長は、「パワーマネージャーは必要に応じて、EVバッテリーのエネルギーを利用して家庭に電力を供給し、メイングリッドからの需要を最小限に抑える。EVのエネルギーをグリッドに戻して売却し、オーナーは収入を得ることも可能」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • [PR]

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集