東洋ゴム、初のFIA公認ドリフト競技世界大会に協賛 9月30日-10月1日お台場

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

Team TOYO TIRES DRIFT(左)藤野秀之選手、(右)川畑真人選手のレース風景
  • Team TOYO TIRES DRIFT(左)藤野秀之選手、(右)川畑真人選手のレース風景
東洋ゴム工業は、9月30日・10月1日の2日間、東京・お台場で開催される「FIAインターコンチネンタル ドリフティングカップ」に協賛すると発表した。

FIAインターコンチネンタル ドリフティングカップは、国際自動車連盟(FIA)がレギュレーションを統一して行う初のドリフト競技世界大会。世界ラリー選手権(WRC)や世界ツーリングカー選手権(WTCC)などと同格の公認世界選手権として開催される。

第1回ドリフト世界王者を決める同大会には、ドリフト競技を行っている世界15か国より推薦された26名の選手が出場する予定。開催地である日本からは、東洋ゴムがサポートする「Team TOYO TIRES DRIFT」所属の川畑真人選手、藤野秀之選手を含めた4選手が推薦を受けて出場するほか、タイからは同所属のデチャポン・トイングチャレン選手も出場する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集