192km/h、高速走行中の5G通信ハンドオーバーに成功…サムスンとKDDI

自動車 テクノロジー ネット

サムスンとKDDIの5G通信ハンドオーバー実験
  • サムスンとKDDIの5G通信ハンドオーバー実験
  • サムスンとKDDIの5G通信ハンドオーバー実験
  • サムスンとKDDIの5G通信ハンドオーバー実験
韓国のサムスン電子とKDDIは9月7日、次世代移動通信システムの「5G」を利用した実証実験において、世界最速となる190km/h超で走行する車両内でのハンドオーバーに成功した、と発表した。

ハンドオーバーとは、インターネットなどの通信を継続したまま、接続先の基地局を切り替えること。高周波数帯を利用する5G通信では、現行の「4G」通信よりも高速移動中のハンドオーバーが困難とされる。

KDDIは2017年2月、東京都内の市街地や高速道路において、約60km/hで走行する車両において、28GHz帯を用いたハンドオーバーに日本国内で初めて成功していた。

今回の実証実験は、韓国龍仁市のエバーランド・スピードウェイにおいて、サムスン電子とKDDIが共同で実施。28GHz帯の実験システムを活用して、複数の基地局間を192km/hでハンドオーバーすることに成功した。また、世界最速となる205km/hで走行する車両において、5Gのデータ通信にも成功している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集