野菜が楽器になる「LEXUS DESIGN AWARD 2017」受賞作品が青山にて凱旋展示中

自動車 ビジネス 海外マーケット
「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の受賞作品『PLAYER'S PFLUTE』
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の受賞作品『PLAYER'S PFLUTE』
  • Jia Wu氏(ジア・ウー)
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の受賞作品『PLAYER'S PFLUTE』
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の受賞作品『PLAYER'S PFLUTE』
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の受賞作品『PLAYER'S PFLUTE』
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の受賞作品『PLAYER'S PFLUTE』
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の受賞作品『PLAYER'S PFLUTE』
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の受賞作品『PLAYER'S PFLUTE』
LEXUSが運営するカフェ・フードラウンジ「INTERSECT BY LEXUS(東京・青山)」にて、国際コンペティション「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の受賞作品が展示中だ。期間は9月8日まで。

LEXUS DESIGN AWARDとは、毎年イタリアで開催されるミラノデザイウィークのなかのイベントのひとつ。デザインを重視するLEXUSが、次世代のクリエイターの育成と支援を目的に、2013年に創設された。5回目の開催となった今年は、世界63ヵ国から1152もの作品が応募された。

8月25日には受賞者のひとりJia Wu氏(ジア・ウー)が会場に訪れ、自身の作品『PLAYER'S PFLUTE(プレイヤーズ・プフルート)』の解説やデモンストレーションを行った。ウー氏の作品は、野菜から楽器を作るツールセット。野菜に穴を開けるパンチャーや息を吹き込むマウスピースなど、カラフルでかわいい15個のパーツで構成されている。

展示されていたキュウリを使って実際に演奏してみると、おもしろいように音が出た。ピーマンのような中空の野菜は穴を開けるだけで楽器になるが、キュウリのような実の詰まった野菜は、付属のドリルでくり抜いて加工する。他にもナスやカボチャ、ゴーヤなど、さまざまな「野菜の楽器」が展示されていた。

現在、イギリスの大学院でプロダクトデザインを専攻していた過去を持つウー氏がPLAYER'S PFLUTEを作るきっかけとなったのは、「音楽教師をしている友人の存在が大きかった」と語る。ウー氏は「本物の楽器は難しそうに見えるが、野菜を使った楽器ならば面白い。これなら音楽に興味を持ってもらえるかもしれない」と考え、開発をスタートした。後に完成したプロトタイプを音楽教師の友人に渡したところ、効果は抜群だったそうだ。

野菜で作った楽器は、野菜の種類が同じでも長さや形によって音色が変わる。さらに使った後は調理をして食べられるので、音楽と野菜、どちらにも興味を持ってもらえる。食育にも優れた、すばらしい作品である。

会場ではいますぐにでも販売できそうなPLAYER'S PFLUTEが展示してあったが、これはプロトタイプなので販売時期は未定。LEXUS DESIGN AWARDの受賞者は、LEXUSが用意した著名なメンターからの指導を受けられ、商品化に向けてさまざまなアドバイスをもらえる。ウー氏の作品は、著名なプロダクトデザイナー、Max Lamb(マックス・ラム)氏がサポートしており、現在は商品化に向けて、さまざまな改良を行っているとのこと。

ウー氏に受賞からいままでの感想を聞くと、「メンターから指導を受けられる期間は3ヵ月。毎日がとても忙しいが、これほど著名なデザイナーから教育を受けられる機会はめったにないので、LEXUS DESIGN AWARDに応募して本当によかった」と嬉しそうに語っていた。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集