米EVテスラが赤字拡大、売上高は2.2倍 第2四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルX
米国のEVメーカー、テスラは8月2日、2017年第2四半期(4~6月)の決算を開示した。

同社の発表によると、第2四半期の売上高は27億8956万ドル(約3090億円)。前年同期の12億7002万ドルに対して、およそ2.2倍と伸びた。

一方、第2四半期の最終損益は、3億3640万ドル(約373億円)の赤字。前年同期の2億9319万ドルの赤字から、赤字幅が拡大している。

赤字が拡大したのは、新型EVの『モデル3』をはじめ、『モデルS』や『モデルX』の増産にかかるコストが増したため。およそ2.2倍もの増収は、モデルSとモデルXの販売が好調なことを受けたもの。

テスラは、「創業当初からのポリシーに基づき、手ごろな価格のEV、モデル3を発売した。これはテスラと全従業員にとって、非常に大きなマイルストーン」とコメントしている
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • テスラの新型EV、モデル3 の詳細発表---航続500km 画像 テスラの新型EV、モデル3 の詳細発表---航続500km
  • 日産 リーフ 新型、「eペダル」採用…1ペダルで加減速や停止が可能 画像 日産 リーフ 新型、「eペダル」採用…1ペダルで加減速や停止が可能
  • ホンダ 八郷社長「走ればホンダと分かるスポーティなクルマに」…2018年に中国初投入のEV 画像 ホンダ 八郷社長「走ればホンダと分かるスポーティなクルマに」…2018年に中国初投入のEV
  • 【新聞ウォッチ】トヨタ、米テスラと”離縁”---周回遅れのEV開発を自前で推進 画像 【新聞ウォッチ】トヨタ、米テスラと”離縁”---周回遅れのEV開発を自前で推進

特集

おすすめのニュース