JR北海道の「ご当地入場券」は7月20日から発売…専用コレクションファイルも用意

鉄道 エンタメ・イベント

「JR北海道わが町ご当地入場券」のイメージ。上が表面、下が裏面。写真は石勝線夕張駅のもの。
  • 「JR北海道わが町ご当地入場券」のイメージ。上が表面、下が裏面。写真は石勝線夕張駅のもの。
  • 別途発売される専用コレクションファイルは、1枚あたり入場券6枚を収納できる透明クリアファイル3枚と公式カタログが付く。追加用の透明シート5枚組も850円(税込)で発売される。
  • 専用コレクションファイルに収められている公式カタログ。すべての入場券(表面)と列車写真の解説が入っている。
  • キャンペーンで当たる「北海道の列車カード」。普通、快速、急行、特急の4種類がある。入場券に付いている応募券10 駅分(異なる駅に限る)を送ると、異なるカードが1枚ずつ当たる。すべて集めて、さらに10駅分の応募券を送ると、事業用車が絵柄となったレアカードも当たる。
JR北海道は7月12日、「JR北海道わがまちご当地入場券」を7月20日から発売すると発表した。

JR北海道の駅がある北海道の100市町村、青森県の1町を対象に、地域のPRや観光開発を図ることを目的に発売されるもので、1回につき1市町村あたり1駅1種類を発売する。

対象市町村すべての入場券が発売されるが、今回発売される駅(市町村)は81で、発売額は各170円。発売枚数の制限はない。

なお、0001・0002の券番は、協力自治体へ進呈されるため、一般に発売される券番は、各駅0003番からとなる。

台紙は付かないが、専用のコレクションファイル(税込2000円)を、北海道キヨスクの「四季彩館」など、13店舗で発売する。

また、「ご当地入場券」の発売を記念して、特製の「北海道の列車カード」や市町村賞などが当たるキャンペーンも実施。入場券を提示すると、記念品の提供や割引を受けられる現地特典も用意される。

残る20については、準備が整い次第、JR北海道のウェブページで発売が告知される予定。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集