いすゞ、コロンビアで商用車用中古エンジン再生事業に進出

自動車 ビジネス 海外マーケット
いすゞ自動車は7月3日、米国HELMホールティング傘下でコロンビア国内に修理・整備網を持つナショナル トラック サービス社(NTS)と合弁会社「いすゞ レマヌファクトゥーラ デ コロンビア(IRC)」を設立することで合意したと発表した。

IRCは首都ボゴタ市に設立し、いすゞ車向けの車両用中古エンジンの再生(リマニ生産)事業を行う。いすゞは、2008年よりコロンビアに新車販売のマーケティング会社「GM-Isuzu Camiones Andinos de Colombia, Ltda.社(GMICA‐Colombia)」をゼネラルモーターズ・サウスアメリカ社と合弁で設立しており、再生エンジン事業でも同社との協業を進めていく。

いすゞはコロンビア商用車市場において50%を超える高いシェアを持っている。今回の合弁会社設立により、車両の供給に加え高品質の再生エンジンを提供することで、顧客の車両維持コスト低減および資源の有効活用に貢献していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【ホンダ フィット 改良新型】ジャンプ人気作品の原画世界をバーチャルドライブ 7月6日よりコラボイベント開催 画像 【ホンダ フィット 改良新型】ジャンプ人気作品の原画世界をバーチャルドライブ 7月6日よりコラボイベント開催
  • トラック運送事業での過労運転など違反行為で荷主の責任を明確化 画像 トラック運送事業での過労運転など違反行為で荷主の責任を明確化
  • 先進安全装備を搭載した「サポカー」のロゴを決定 画像 先進安全装備を搭載した「サポカー」のロゴを決定
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース