豊田合成、樹脂フューエルフィラーパイプの生産能力増強…軽量化製品の需要拡大に対応

豊田合成は6月26日、軽量化製品の需要拡大に対応するため、日本・米国で「樹脂フューエルフィラーパイプ」の生産能力を増強すると発表した。

自動車 ビジネス 企業動向
豊田合成は6月26日、軽量化製品の需要拡大に対応するため、日本・米国で「樹脂フューエルフィラーパイプ」の生産能力を増強すると発表した。

豊田合成は平和町工場(愛知県稲沢市)と米国の生産子会社「TGケンタッキー」で約20億円を投じて生産設備を増設。2020年度までに両拠点を合わせた生産能力を現在の約4倍となる年産200万本に増やす。

フューエルフィラーパイプは、従来金属製が主流だったが、同社が世界に先駆けて押出工法による樹脂化に成功し、約5割重量を低減。クルマの燃費向上に貢献する製品として、2015年2月にトヨタ自動車からTNGA推進優秀賞を受賞した。また北米・中国・欧州における排出ガス規制強化にも対応しており、採用拡大が期待されている。

同社は今後、中国やチェコの拠点でもフューエルフィラーパイプの生産能力を増強する計画で、グローバルでの需要拡大に対応していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集