【カーオーディオ “取り付け”至上主義】スピーカー・インストールの奥義 その8

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
「アウターバッフル」の例。製作ショップ:シティロード福山(広島県)。
  • 「アウターバッフル」の例。製作ショップ:シティロード福山(広島県)。
カーオーディオの最終的な音の完成度は、「いかにして取り付けるか」にかかっていると言っても過言ではない。ではそこにはどのようなノウハウがあるのだろうか…。当コーナーでは、その1つ1つを掘り下げて、じっくり解説していこうと試みている。

今週からは、“アウターバッフル”をテーマにお贈りしていく。

最初に、“アウターバッフル”とは何か、からご説明していこう。ひと言で言うならば、「スピーカーの取り付け面を内張りパネル面まで立ち上げる方式」ということになる。スピーカーが内張りパネルの外側に顔を出した形、と言い換えてもいいだろう。

こうすることで、サウンド・クオリティを、もう1ランク向上させることが可能となる。なぜかと言うと…。

その理由は単純明快だ。「スピーカーから発せられる音を、ロスなく車室内に放出できるから」である。スピーカーを内張りパネル内に収まるようにして取り付けると、多かれ少なかれ振動板から放たれた音が、内張りパネル内に入り込む。そのロスを最小限に食い止めるためのノウハウもいくつかあり、都度実践されているのだが、そうはいいつつも、それをゼロにすることはなかなかに難しい。しかしながら“アウターバッフル”化すれば、それをゼロにできる。

また、スピーカーから放たれた音がパネル内に入り込めば、パネルを共振させるリスクも発生する。それについても対処法はあるのだが、そもそも音が入り込んでいかないならば、対処法を施す必要もない。

ただし、取り付けの手間は相応に増える。結果、取付工賃もそれなりにかさんでいく。そして、インテリアのルックスが純正状態とは異なってしまうので、それを嫌う場合には、そのこともデメリットとなり得る。

とはいえ、デメリットはそれらくらいだ。音にとっては良いことずくめ。スピーカーを交換して、デッドニングにも手を掛けて、そこからさらにサウンドをバージョンアップさせたいとなったときには、検討する価値は大いにある。この手があることも、ぜひとも覚えておいていただきたい。

今週は、ここまでとさせていただく。次週は、“アウターバッフル”がどのようにして製作されるのかを解説していく。乞うご期待。

【カーオーディオ “取り付け”至上主義!】第1章 スピーカー・インストールの奥義 その8

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集