高齢男性の運転するクルマ、ペダル踏み間違えで郵便局に突っ込む

自動車 社会 社会

26日午後1時30分ごろ、山梨県甲府市内にある郵便局の敷地内駐車場で乗用車が暴走。後方の建物に突っ込む事故が起きた。ガラスなどが破損したものの、人的な被害はなかった。警察はクルマを運転していた高齢男性から事情を聞いている。

山梨県警・南甲府署によると、現場は甲府市国母付近にある郵便局の敷地内駐車場。乗用車はバックで駐車スペースに向けて進行していたが、突然加速。そのまま後方にある郵便局の建物に突っ込んだ。

この事故で建物のガラスなどが損壊したが、建物内にいた職員にケガはなかった。運転していた77歳の男性にもケガはなく、警察は器物損壊などの容疑で事情を聞いている。

警察では男性がペダル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集