富士スピードウェイ、コース内に恐竜アミューズメント 7月28日オープン

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
ティラノサウルス(T-REX)
  • ティラノサウルス(T-REX)
  • 富士ジュラシックウェイ
  • ステゴサウルス(骨格標本)
  • 富士ジュラシックウェイ
  • トリケラトプス(骨格標本)
  • 富士ジュラシックウェイ
  • イグアノドン
  • 富士ジュラシックウェイ
富士スピードウェイは、恐竜模型の屋外体験施設「富士ジュラシックウェイ」を7月28日にオープンする。

富士スピードウェイは、モータースポーツを中心に様々なレース、イベントなどを開催しているが、今回新たに「家族で楽しむ富士スピードウェイ」をコンセプトとする恐竜アミューズメント施設を導入する。

富士ジュラシックウェイは、イベント・コミュニケーションズとの共同事業として運営され、レーシングコースの中央部にあるトヨペット100Rコーナー内側の森林エリアに設置、太古の恐竜世界を表現する。

恐竜模型は、巨大草食恐竜のブラキオサウルスをはじめ、ティラノサウルス、トリケラトプスファミリー、ステゴサウルス、翼竜のプテラノドンファミリーなど、本格模型13種17体のほか、トリケラトプスなど数種類の本格骨格標本など総勢24体を展示。さらに写真撮影用の恐竜卵、子ども用の「乗れる恐竜」も設置する。

見学には、富士スピードウェイの入場料(レース・イベント開催時は観戦チケットの購入が必要)、富士ジュラシックウェイ入園料が必要。一般入場日の場合は合計で大人2000円となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集