民事再生法を申請したタカタの負債総額1兆7000億円…東京商工リサーチ

自動車 ビジネス 企業動向
東京商工リサーチは、6月26日に東京地方裁判所に民事再生法を申請したタカタの負債総額が1兆7000億円になる見通しを発表した。

東証1部上場企業のタカタは関連会社のタカタ九州、タカタサービスの3社が民事再生法を申請した。また、海外子会社12社も同日、米国連邦破産法第11章(日本の民事再生法に相当)に基づく再生手続き適用を米国デラウェア州連邦破産裁判所に申請した。

負債総額は15社合計で、今年3月31日時点で約3814億円。ただ、各自動車メーカーがタカタに代わって負担したリコール費用が総額1兆3000億円とみられ、これを負債に含めると約1兆7000億円が見込まれるとしている。製造業として戦後最大となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • タカタ経営破綻、中小企業対象の相談窓口設置…セーフティネット保証1号を発動 画像 タカタ経営破綻、中小企業対象の相談窓口設置…セーフティネット保証1号を発動
  • トヨタ、タカタへの債権は5700億円…回収不能のおそれ 画像 トヨタ、タカタへの債権は5700億円…回収不能のおそれ
  • タカタ、中国傘下の米企業支援で再建へ…民事再生法申請が受理 画像 タカタ、中国傘下の米企業支援で再建へ…民事再生法申請が受理

特集