【新聞ウォッチ】欠陥エアバッグで経営難のタカタ、週明けの6月26日にも民事再生法申請へ

自動車 ビジネス 企業動向

新聞ウォッチ
  • 新聞ウォッチ
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2017年6月23日付

●東芝決算報告また延期、監査法人了承得られず、きょう申請(読売・12面)

●日産19年に初PHV 三菱自の技術活用(読売・12面)

●タカタ、26日にも民事再生申請(読売・12面)

●ドローン宅配へ「交通ルール」20年代実現向け官民で整備へ(朝日・7面)

●月例報告景気判断上方修正、6か月ぶり個人消費改善続く(毎日・6面)

●企業とスポーツ、九州三菱自動車販売・城戸崎健二社長、野球部は社員の誇り(毎日・7面)

●EV、2030年にHV上回る、世界販売台数の民間予測(産経・10面)

●日産再生記念彫刻を除幕(日経・16面)

●トヨタ株を500億円取得、KDDI「関係、より深める」(日経・19面)

●さえぬ車株波乱の芽、第2のサブプライム警戒(日経・20面)

●マツダ、4万9000台リコール(日経・42面)


ひとくちコメント

欠陥エアバッグの大規模リコール(回収・無償修理)問題で、経営難に直面しているタカタの法的整理による再建計画の手続きが、大詰めを迎えている。週明けの6月26日にも東京地裁に民事再生法の適用を申請する方針を固め、自動車メーカーとの資金繰り支援などについての最終調整に入ったという。

きょうの各紙が「タカタ、26日にも民事再生法申請」などと取り上げているが、タカタは法的整理を申し立てた後の運転資金を確保するため、三井住友銀行などの主力取引先の金融機関にいたしては、数百億円規模のつなぎ融資を要請する方針だとも報じている。

タカタの負債総額は、自動車メーカーが立て替えているリコール費用を含めると、1兆円を超えるとみられており、製造業では戦後最大となる見通し。

また、タカタは再生法申請後、会社分割で再建を図る。シートベルトなどの事業を新会社に移行して、リコール費用の支払いなどの債務は旧会社に残すという。中国企業傘下の米自動車部品会社キー・セイフティー・システムズ(KSS)がスポンサーとして2000億円規模を出資し、新会社が事業を譲り受ける資金に充てる計画である。

ただ、きょうの日経によると「大規模リコールを招いた『インフレ―ター』と呼ぶエアバッグを膨らませる装置について、撤退する計画である」とも伝えている。

こうしたなか、タカタ株は急落。22日の東京株式市場でも前日比134円安の110円と上場来の安値を更新。時価総額は100億円を割り込んだ。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集