シェフラー、米国フォートミル工場を拡張…3650万ドルを投資

自動車 ビジネス 海外マーケット

シェフラーのサウスカロライナ州フォートミルの事務所の開所式(左から)ユルゲン・トゥーマン氏、シェフラーAG CEO のクラウス・ローゼンフェルド氏、監査役会代表のゲオルク・F.W.シェフラー氏、サウスカロライナ州知事のヘンリー・マクマスター氏、監査役会副代表のマリア‐エリザベート・シェフラー‐トゥーマン氏、駐米ドイツ大使のペーター・ウィッティヒ博士、シェフラーアメリカ担当CEOのブルース・ウォームボルド氏
  • シェフラーのサウスカロライナ州フォートミルの事務所の開所式(左から)ユルゲン・トゥーマン氏、シェフラーAG CEO のクラウス・ローゼンフェルド氏、監査役会代表のゲオルク・F.W.シェフラー氏、サウスカロライナ州知事のヘンリー・マクマスター氏、監査役会副代表のマリア‐エリザベート・シェフラー‐トゥーマン氏、駐米ドイツ大使のペーター・ウィッティヒ博士、シェフラーアメリカ担当CEOのブルース・ウォームボルド氏
  • 最新のオフィス、カンファレンスセンター、社員用のレストランを含む、シェフラーのサウスカロライナ州フォートミルの新しい事務所
独シェフラー社は、3650万米ドル(約40億円)を投資し米サウスカロライナ州フォートミル工場を拡大、105人の新規雇用を創出したと発表した。

シェフラーはサウスカロライナに拠点を置いて約50年。フォートミル工場に加えて、サウスカロライナ州スパータンバーグ、チェローでも工場を運営。合わせて8つの工場と3つの研究開発センターで約6000人を雇用している。

今回、フォートミル工場の生産面積を約3250平米拡大。8、9、10速オートマチックトランスミッションで使用されているスラスト軸受のプレス加工、熱処理、取り付け領域における能力を向上させた。同時にシェフラーの「New Work(新しい働き方)」計画の作業環境に適合した新社屋も開設。約6000平米のスペースに最新のオフィス、さらにはマルチメディア対応のカンファレンスセンター、社員用レストランを用意した。

6月7日に行われた開所式には、同族株主であるマリア‐エリザベート・シェフラー‐トゥーマン氏が、ゲオルク・F.W.シェフラー監査役会代表、クラウス・ローゼンフェルドCEOとともに出席。「米国は拠点として、私たち家族にとって常に重要です。50年もの間、シェフラーは設備投資を通じてサウスカロライナに大きく貢献してきました。成功の鍵は有能な従業員であり、そのことは米国でも同じです。私は、1980年から米国に導入されたシェフラーの研修生プログラムを誇りに思います」と挨拶した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集