ヤマハ発動機、市販エンデューロマシン4機種の2018年モデルを発表…カラー&グラフィック変更

モーターサイクル 新型車
ヤマハ YZ450FX(2018年)
  • ヤマハ YZ450FX(2018年)
  • ヤマハ YZ250FX(2018年)
  • ヤマハ YZ250X(2018年)
  • ヤマハ YZ125X(2018年)
  • ヤマハ YZ450FX(2018年)
  • ヤマハ YZ450FX(2018年)
  • ヤマハ YZ450FX(2018年)
  • ヤマハ YZ250FX(2018年)
ヤマハ発動機は、クロスカントリーエンデューロ向けモデル『YZ450FX』『YZ250FX』『YZ250X』『YZ125X』4機種の2018年モデルを8月30日より発売する。

ヤマハ競技用オフロードモデルのカラーリング&グラフィックコンセプトは「The Cool Blue Racer」。2018年モデルは、ホイールなど、コンポーネントの一部へもブルーを配し、ヤマハレーシングマシンとしての存在感を強調。またロゴを大きくあしらいトレンド感を表現した。主要諸元に変更はない。

価格はYZ450FXが95万0400円、YZ250FXが81万円、YZ250Xが73万4400円、YZ125Xが62万6400円。ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店にて、6月13日から12月10日の期間限定で予約の受付を行い販売する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集