対向車線から降ってきた乗用車、観光バスの屋根部に突っ込む

自動車 社会 社会

0日午前7時30分ごろ、愛知県新城市内の東名高速道路下り線を走行していた乗用車が路外に逸脱。中央分離帯を飛び越え、上り線側を走行していた大型観光バスの上に落ちる事故が起きた。乗用車の運転者が死亡。バス側の45人が重軽傷を負っている。

愛知県警・高速隊によると、現場は新城市富岡付近で片側2車線の直線区間。下り線を走行していた乗用車が何らかの原因で路外に逸脱。中央分離帯に衝突後、これを飛び越えるようにして上り線側へ進入し、直後に上り線を順走してきた大型観光バスの上部から落ちるように衝突した。

この事故で双方の車両が大破。乗用車はバスの前方屋根部分に載った状態となり、運転していた静岡県浜松市内に在住する62歳の男性は約4時間後に救出されたが、全身強打で死亡が確認された。バスの乗客乗員45人が骨折や打撲などの重軽傷を負っている。

現場は上下線の間に高低差がある区間。乗用車の走行していた下り線から見た場合、中央分離帯のガードレールは斜面(高さ約70cm)の上に設置された状態となっていた。警察では乗用車が道路左側のガードレールに接触した弾みで路外に逸脱。高速度を維持したまま中央分離帯手前の斜面に乗り上げるかたちで対向側に飛び出したものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集