資格のないバイクを無免許運転、ひき逃げ容疑で少年逮捕

自動車 社会 社会

3日午後11時25分ごろ、大阪府大阪市平野区内の市道で、交差点を進行していた自転車とバイクが出会い頭に衝突する事故が起きた。自転車の高齢男性が重傷を負ったが、バイクは逃走。警察は後に出頭してきた少年を5日未明に逮捕している。

大阪府警・平野署によると、現場は大阪市平野区西脇4丁目付近で片側1車線の直線区間。交差点に横断歩道や信号機は設置されていない。自転車とバイクの双方が減速しないまま交差点へ進入、直後に出会い頭で衝突した。

この事故で自転車に乗っていた75歳の男性が足を骨折するなどの重傷。バイクはそのまま逃走したことから、警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始したところ、4日夜になって東住吉区内に在住する18歳の少年が出頭。容疑への関与を認め、これが確認できたことから5日に自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許運転過失傷害)や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

少年は原付バイクの免許は有していたが、事故当時は資格の無い小型バイクを運転していたという。聴取に対しては「怖くなって逃げた」などと供述しており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集