【レッドブル・エアレース千葉】9万人の声援が室屋選手を後押し、一方でプレッシャーも?

航空 エンタメ・イベント

今シーズンは前大会のサンディエゴに続いて2回目、自身としては3度目の優勝を果たした室屋義秀選手。
  • 今シーズンは前大会のサンディエゴに続いて2回目、自身としては3度目の優勝を果たした室屋義秀選手。
  • 今シーズンは前大会のサンディエゴに続いて2回目、自身としては3度目の優勝を果たした室屋義秀選手。
  • 今シーズンは前大会のサンディエゴに続いて2回目、自身としては3度目の優勝を果たした室屋義秀選手。
  • 今シーズンは前大会のサンディエゴに続いて2回目、自身としては3度目の優勝を果たした室屋義秀選手。
  • 今シーズンは前大会のサンディエゴに続いて2回目、自身としては3度目の優勝を果たした室屋義秀選手。
  • 今シーズンは前大会のサンディエゴに続いて2回目、自身としては3度目の優勝を果たした室屋義秀選手。
  • ラウンド・オブ・14で「1000分の7秒差」という僅差で室屋選手に敗れたペトロ・コプシュタイン選手(左)はファステスト・ルーザーとして敗者復活を果たして2位に。マルティン・ソンカ選手(右)は3位となった。
  • 今シーズンは前大会のサンディエゴに続いて2回目、自身としては3度目の優勝を果たした室屋義秀選手。
土曜日の予選時に吹いたものよりは穏やかだったものの、「幕張の気まぐれな横風に全選手が翻弄された」といっても決して過言ではない今回のレッドブル・エアレース千葉大会。これを制したのは室屋義秀選手。前回のサンディエゴ大会に続く今シーズン2回目の優勝であり、自身としては3度目。千葉大会は2連覇となった。

「レッドブル・エアレースで最も観客が多く集まるのが千葉大会」と言われており、今回も2日間で9万人が訪れた。これについて室屋選手はレース後の記者会見で「幕張に9万人のエアレースファンが集まってくれた。自分に注目が集っているのもわかっていたが、これを応援と取るか、それともプレッシャーと取るかは自分次第。優勝できたのは声援でプッシュしてくれたからと思っている」と語った。

実際、ラウンド・オブ・14について室屋選手は、今回2位となったペトロ・コプシュタイン選手と1000分の7秒差で勝利を収めたものの、これは距離にするとわずか70cmの差でしかないという。そして続くラウンド・オブ・8ではエアゲートの水平不通過(インコレクト・レベル)で2秒のペナルティが加算されたが、同じヒートで争ったマット・ホール選手もゲートの上昇通過で同様に2秒のペナルティが加算されたため、ここでも室屋選手は僅差での勝利を収めた。「ファンが声援でプッシュしてくれた」というのは室屋選手の実感でもある。

一方で、期待が掛かる母国でのレースにプレッシャーを感じていたことも間違いなく。それは「パイロットとしては飛んでいるだけというのが理想的だが、いざ飛ぶ場面になると感情のハンドリングが難しいところもあった」という室屋選手の言葉に集約されている。ファンとしては「千葉での2連覇、前回に続いての連続優勝を狙ってほしい」と願っていたし、メディアも「もちろん今回もいけますよね?」と事前取材で問いかけていた。レッドブル・エアレースにおいて母国開催で2連覇を成し遂げた選手は2015年シーズンで引退したポール・ボノム選手だけであり、だからこそのプレッシャーともいえるかもしれない。

1月に行なわれた会見で「今年は総合優勝を狙う」としていたが、室屋選手は「まだ3戦が終わったところであり、残り(5戦)の方が多い。この先のレースでもファイナル4に残るようにしたい。全部勝てるかはわからないけど、ポイントのことはあまり考えずに良いレースをしていきたい」とコメントしている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集