小型二輪車新車販売、6カ月ぶりにプラス…熊本地震の反動 5月

モーターサイクル 企業動向
ホンダ 熊本製作所 ジョルノ生産ライン(参考画像)
  • ホンダ 熊本製作所 ジョルノ生産ライン(参考画像)
全国軽自動車協会連合会が発表した5月の小型二輪車新車販売台数は、前年同月比5.9%増の5877台と6カ月ぶりに前年を上回った。前年の水準が低かったため。

スズキを除いて順調だった。

シェアトップのホンダは同71.8%増の1340台と高い伸び率だった。前年同期が熊本地震の影響で熊本製作所の二輪車生産が停止していたことから反動で大幅増となった。

ヤマハ発動機は同2.6%増の1295台、カワサキが同9.3%増の974台と順調だった。スズキは同2.8%減の447台と前年割れとなった。

輸入車などのその他は同15.6%減の1821台と大幅マイナスとなった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 軽二輪車新車販売、新型車効果で45.9%増の5855台…2か月連続プラス 5月 画像 軽二輪車新車販売、新型車効果で45.9%増の5855台…2か月連続プラス 5月
  • 小型二輪車新車販売、輸入車やスズキ低迷で5カ月連続マイナス…4月 画像 小型二輪車新車販売、輸入車やスズキ低迷で5カ月連続マイナス…4月
  • 二輪車国内生産、小型二輪大幅増で3年ぶりのプラス 2016年度 画像 二輪車国内生産、小型二輪大幅増で3年ぶりのプラス 2016年度
  • 【新聞ウォッチ】トヨタ、米テスラと”離縁”---周回遅れのEV開発を自前で推進 画像 【新聞ウォッチ】トヨタ、米テスラと”離縁”---周回遅れのEV開発を自前で推進

特集