日産 エクストレイル 改良新型、欧州で発表…部分自動運転「プロパイロット」設定

自動車 ニューモデル 新型車
日産エクストレイル改良新型
  • 日産エクストレイル改良新型
  • 日産エクストレイル改良新型
  • 日産エクストレイル改良新型
  • 日産エクストレイル改良新型
  • 日産エクストレイル改良新型
  • 日産エクストレイル改良新型
  • 日産エクストレイル改良新型
  • 日産エクストレイル改良新型
日産自動車は6月2日、欧州において、改良新型『エクストレイル』を発表した。現行エクストレイルにとって、初の大幅改良モデルとなる。

欧州向け改良新型エクストレイルの大きな特徴が、部分自動運転技術の「プロパイロット」の設定。プロパイロットは、高速道路の同一車線で使える自動運転技術。まずは、2016年8月に発売されたミニバン、新型『セレナ』に導入された。

プロパイロットは、渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御。ドライバーの負担を軽減する。高度な画像処理技術によって、道路と交通状況を把握し、ステアリングを正確に制御。人間が運転している感覚に近い自然な走行を追求している。

改良新型モデル外観は、フロントマスクを中心に一新。日産のアイデンティティの「Vモーショングリル」は、ワイド化。ヘッドランプクラスターも新しくなり、エクストレイル独自のブーメラン状のデイタイムランニングライトも新デザインに。室内は、新デザインのDシェイプのステアリングホイールを装備。素材の見直しにより、質感を引き上げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集