幼稚園バスが歩道に乗り上げる---運転者が意識失う

自動車 社会 社会

30日午前7時55分ごろ、大阪府八尾市内の市道を走行していた幼稚園の送迎用マイクロバスが路外に逸脱。道路左側の歩道へ乗り上げる事故が起きた。この事故で園児を含む8人が軽傷を負っている。

大阪府警・八尾署によると、現場は八尾市萱振町3丁目付近で片側1車線の直線区間。幼稚園の送迎用マイクロバスは蛇行運転を繰り返した上で路外に逸脱。道路左側の歩道へ乗り上げるとともに、歩道内に設置されていた標識柱に衝突した。

衝突によってマイクロバスは中破。乗っていた4~5歳の園児6人と、添乗員として乗車していた52歳の女性、バスを運転していた65歳の男性が打撲などの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

聴取に対して添乗員の女性は「運転していた男性が意識を失い、バスが蛇行を始めた。対向車線に飛び出しそうになったので、歩道に人がいないことを確認し、自分が横から手を伸ばしてハンドルを切って歩道に乗り上げさせた」などと供述しているようだ。運転していた男性は「事故の記憶が無い」などと供述しており、警察では運転者が意識を失っていたものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集