【オートサービスショー2017】BASF、自動車補修用塗料「R-M」を展示予定

自動車 ビジネス 国内マーケット

R-M ブースイメージ
  • R-M ブースイメージ
BASFジャパンは、6月1日から3日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される自動車アフターマーケット展示会「第35回 オートサービスショー」に出展し、自動車補修用プレミアム塗料ブランド「R-M」を展示する。

展示会では、水性塗料「オニキスHD」に加え、新製品UVプライマーフィラー「P2530 ライトフィラーグレー」と新クリヤーコートを紹介。R-Mが掲げる4つの柱、「Product Offer」(革新的な製品)、「Color Universe」(完璧なカラーマネジメント)、「Programs For Success」(成功へのプログラム)、「Training Programs」(洗練されたトレーニングプログラム)をもとに、製品だけでなく包括的なソリューションを提供する。

P2530 ライトフィラーグレーは、1液型のUVプライマーフィラー。硬化剤やシンナーを混ぜる手順を省き、時間と材料消費を抑制する。紫外線A波ランプの大きさに応じ、小・中面積の部分における小規模修理向けに設計されており、より小規模なタッチアップ補修を効果的に実現。乾燥後、冷却時間を置くことなく研磨作業が可能で、ボディショップのエネルギー効率、コスト効率向上に貢献する。また、特殊な保護具は不要で、紫外線保護用眼鏡と通常の保護用手袋を着用するだけで使用可能。発売は2017年秋頃を予定している。

このほかR-Mブースでは、新しいクリヤーコートとして「イージークリヤー C2510」、「グロスクリヤー C2560」、「ラピッドクリヤー C2570」を先行展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集