極東開発、床下格納式テールゲートの新型軽量モデル発売…操作性や安全性も向上

自動車 ビジネス 国内マーケット

パワーゲート CG1000DM
  • パワーゲート CG1000DM
  • スチフナ
  • パワーユニット
  • キャスターストッパ
  • 操作レバー
  • プラットホーム表面
極東開発工業は、床下格納式テールゲートリフタ「パワーゲート CG1000シリーズ」をフルモデルチェンジし、6月1日より発売する。

新製品は、スチフナやリフトメカニズムなどの基幹部に高張力鋼板を採用したほか、オールステンレスカバーの採用などにより従来機種比較で約5~10%の軽量化を実現した。またプラットホーム後端部のキャスターストッパの形状を見直し、キャスターの脱輪を防止する構造としたほか、足で起動する操作レバーも接触部位を「点」から「線」とすることで使いやすさを向上。このほか、滑り止め効果としてプラットホーム表面の突起を高め、雨天時等でも安全な作業を実現する。

価格(税別)は取付費込みで129万円より。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集