【人とくるまのテクノロジー2017】カタルーニャ州政府、車の未来を見据えた取り組みを展示

自動車 社会 社会

人とくるまのテクノロジー展カタルーニャ州政府ブース
  • 人とくるまのテクノロジー展カタルーニャ州政府ブース
  • 人とくるまのテクノロジー展カタルーニャ州政府ブース
  • 人とくるまのテクノロジー展カタルーニャ州政府ブース
スペインのカタルーニャ州政府は、5月24日からパシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展」に、車の未来を見据えるスペイン/カタルーニャの取り組みについて出展を行った。

ブースでは、同州が「車の未来を見据えるカタルーニャ」として取り組んでいる様々なユースケースを紹介。具体的には、世界初の自律走行車の公道での試験運転や、パナソニックが同州のフィコサ社と進める5G技術を活用した開発の取組事例をはじめ、世界最大級のIT・モバイル関連見本市であるMWCの開催や、モーターショーと自動車関連スタートアップ企業群の展示を融合した「Automobile Barcelona」の開催などがパネルで紹介された。

カタルーニャ州政府 貿易投資事務局の安晝(あんびる)氏は「私たちはカタルーニャ発のスタートアップ企業支援だけでなく、海外の企業がカタルーニャで新たなイノベーションの創出に向けた取り組みも支援しています」と説明する。
《石原正義》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集