【CESアジア2017】ホンダ、生活の質を高めるAI・ビッグデータ・ロボティクス技術…出展予定

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダ NeuV
  • ホンダ NeuV
  • ホンダ ライディングアシスト
ホンダは、6月7日から9日まで中国・上海で開催される家電見本市「CES ASIA 2017」にて、「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティのある世界)」をテーマに出展する。

ホンダブースでは、AI技術「感情エンジン」を搭載し、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカー「ホンダ NeuV」や、ホンダ独自のバランス制御技術を応用した二輪のコンセプトモデル「ホンダ ライディングアシスト」を出展する。

また、ROS(ロボット オペレーション システム)対応のAPI搭載で遠隔操作を可能にしたパーソナルモビリティ「UNI-CUB β」やコネクテッドカー技術でスムーズな交通の流れを実現する提案「Safe Swarm」、さらにはハンディタイプ蓄電器「LiB-AID E500」の市販予定モデルなどを展示。人々の生活の質を高める新価値提供に向け、AI、ビッグデータ、ロボティクス技術を活用したオープンイノベーションを加速させる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集