フォードモーター、新CEOを任命…自動運転車の開発部門トップを起用

自動車 ビジネス 企業動向

フォードモーターのジム・ハケット新社長兼CEO
  • フォードモーターのジム・ハケット新社長兼CEO
米国の自動車大手、フォードモーターは5月22日、ジム・ハケット氏を同社の新たな社長兼CEOに任命すると発表した。

ジム・ハケット氏は現在62歳。1994~2014年の約20年間、米国の大手オフィス家具メーカー、スチールケース社のCEOを務め、同社を再生させたことで知られる。

その後、2016年3月に、フォードモーターの子会社、フォードスマートモビリティの会長に起用された。フォードスマートモビリティは、フォードモーターの自動運転車の開発部門であり、同氏はそのトップの地位にあった。

フォードモーターのビル・フォード会長は、「ジム・ハケット氏は、自動車産業とより幅広いモビリティの変革期に、フォードモーターをリードするCEO。彼は、人とビジネスの可能性を広げる文化、製品、サービスに独自の考えを持ち、人間中心のリーダーシップアプローチをもたらす真のビジョンを備えている」とコメント。

ジム・ハケット氏は、「チーム全体と協力して、よりダイナミックで活気のあるフォードを作り上げることにとても興奮している。この変革期に、一緒に働くことを楽しみにしている」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集