ホンダ、CBR1000RR SP2 発売…サーキット向け大型スーパースポーツ

モーターサイクル 新型車

ホンダ CBR1000RR SP2
  • ホンダ CBR1000RR SP2
  • ホンダ CBR1000RR SP2
ホンダは5月22日、大型スーパースポーツモデル『CBR1000RR SP2』の商談受付を、6月5日から開始すると発表した。

同バイクは、『CBR1000RR SP』をベースに、サーキット走行やレースでの使用を想定。吸排気バルブと燃焼室を新設計したシリンダーヘッドを搭載するなど、さらなる性能向上を図ったモデル。

直列4気筒1000ccスーパースポーツクラスで、クラス最軽量の車両重量とマス集中化がもたらす軽快性、さらには出力向上と扱いやすい特性を両立したパワーユニットや、新たな電子制御技術を採用してフルモデルチェンジしたCBR1000RR SPをベースモデルとした。

レーシングマシンへのモディファイを前提に、シリンダーヘッド、ピストンなどを専用設計したほか、より軽量なマルケジーニ製の前後ホイールを採用するなど、サーキット走行やレース使用時のポテンシャル向上を図った特別な仕様としている。

CBR1000RR SP2の2017年型モデルは、台数限定で販売。購入に際しては、ホンダのホームページ内の専用サイトで、商談の申し込みが必要。2017年モデルの受付期間は、6月5日から6月26日まで。限定台数を上回る申し込みがあった場合は、厳正な公開抽選の実施を予定している。価格は302万4000円。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集