【第101回インディ500】ホンダ勢好調…予選前日の最速はブルデー、琢磨は3位に躍進!

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

佐藤琢磨(インディ500)
  • 佐藤琢磨(インディ500)
  • セバスチャン・ブルデー(インディ500)
  • ブルデー(向かって左)と佐藤琢磨。(インディ500)
インディ500=インディアナポリス500マイルレースは現地時間19日、曇り空のもと、土日の予選基準にターボのブースト圧を上げて挑むプラクティスが行われた。

予定では正午から午後6時までの6時間を各チームが自由に使えることになっていたが、午後1時半にスピードウェイは雷雨に見舞われ、走行は中断される。

そこまでのトップは233.116マイル/h(1周平均スピード)のセバスチャン・ブルデー(デイル・コイン・レーシング)。2位がライアン・ハンターレイ(232.132マイル/h)で、同じアンドレッティ・オートスポーツの佐藤琢磨(231.969マイル/h)が3位で続いた。琢磨はストレート・エンドのスピード・トラップで240.854マイル/hという瞬間最速をたたき出した。

プラクティスは午後4時5分に再開されたがトップ3は動かず、4位にフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)が上がってきた。ここまでの上位4台はいずれもホンダ・エンジンになる。シボレー・エンジン最高位はファン・パブロ・モントーヤ(ペンスキー)の5位だった。

翌20日に二日間に渡る予選の初日が行われる。
《重信直希》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集