成田国際空港、航空機発着回数や航空旅客数が過去最高を更新 2016年度

航空 企業動向

成田空港
  • 成田空港
成田国際空港が発表した2016年度の空港運用実績によると、航空機発着回数、航空旅客数などが開港以来、最高となった。

2016年度の航空機発着回数は新規就航や増便が相次いで国際線、国内線とも好調で前年度比4%増の24万5705回と5年連続で過去最高を更新した。

このうち、国際線は香港航空、ジンエアー、ハワイアン航空などの新規就航があったほか、韓国、香港、アジアなど、アジア方面が増便によって同5%増の19万3427回と過去最高となった。

国内線は春秋航空日本の札幌線、関西線、バニラエアの関西線、函館線の新規就航で同1%増の5万2278回と15年連続で過去最高を更新した。

航空旅客数は同4%増の3962万0801人と2年連続で過去最高を更新した。国際線の外国人が韓国、香港など、アジア方面を中心に旅客が増加し、同11%増の1429万9658人と3年連続で過去最高となった。国内線は那覇線、関西線、札幌線などが好調で同5%増の721万0517人と8年連続で過去最高となった。

国際航空貨物量は仮陸揚貨物量が同13%増の79万2991トンと5年連続で過去最高を更新した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集