トライアンフ、新型車・新店効果で過去最高の登録台数を達成 4月

モーターサイクル 企業動向

トライアンフ(イメージ)
  • トライアンフ(イメージ)
トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、2017年4月の登録実績が前年同月比3%増の252台で4月度新記録を達成したと発表した。

トライアンフは2016年に年間実績として過去最高となる1797台を記録。バイク市場全体が前年実績を下回る中、2017年も1月~4月の累計実績が前年実績を4%上回るなど、過去最高の年間実績達成に向けて順調に進捗している。

好調の要因は、昨年導入した新型車11モデルの販売が引き続き好調に推移していることに加え、2017年に新たに導入した『ボンネビル・ボバー』『ストリート・スクランブラー』『ストリート・トリプル』への受注が当初予想を上回るペースで進んでいることが挙げられる。

同時に 今年開店した「トライアンフ仙台」「トライアンフ横浜港北」「トライアンフ水戸」「トライアンフ東京」が、広くゆとりのある店舗スペースと、黒を基調としたプレミアムな空間により顧客に支持され、販売実績を下支えするだけでなく、ブランド認知やイメージ向上に貢献している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集