グッドイヤー、調整済み純利益は3%減 第1四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向

グッドイヤー イーグル F1 アシメトリック3
  • グッドイヤー イーグル F1 アシメトリック3
米国に本拠を置くタイヤ製造大手、グッドイヤー・タイヤ&ラバー(以下、グッドイヤー)は4月28日、2017年第1四半期(1~3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は36億9900万ドル(約4140億円)。前年同期の36億9100万ドルに対して、0.2%の増収となった。

また、第1四半期の調整済み純利益は、1億8900万ドル(約210億円)。前年同期の1億9500万ドルに対して、3%の減益となっている。

第1四半期の世界タイヤ販売は、およそ4000万本。前年同期比は4%のマイナスだった。交換用タイヤの出荷は、前年同期比2%減。新車装着用タイヤの自動車メーカーへの納入は、前年同期に対して8%減った。

グッドイヤーのリチャード・J・クレーマー会長兼CEOは、「第1四半期の業績は、原材料費の高騰と需要の低迷を考慮すると、大きな成果。この堅実な業績は、グッドイヤーの戦略を確実に実行した結果」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集