追突で押し出された乗用車が歩道に乗り上げ、登校中の小学生4人をはねる

自動車 社会 社会

18日午前7時50分ごろ、大阪府寝屋川市内の国道163号を走行するワゴン車が前走の乗用車に追突。弾みで歩道に乗り上げた乗用車が登校中の小学生4人を次々にはねた。4人は軽傷。警察はワゴン車の運転者を逮捕している。

大阪府警・寝屋川署によると、現場は寝屋川市堀溝1丁目付近で片側2車線の直線区間。交差点には信号機と横断歩道が設置されている。第1車線を走行していた乗用車は前方の交差点を左折するために減速したが、後ろから進行してきたワゴン車が速度を落とさないまま追突。乗用車は押し出されるようにして道路左側の歩道へ乗り上げ、信号待ちをしていた登校中の小学生4人と、交通誘導員のボランティアをしていた63歳の女性に突っ込んだ。

この事故で小学生4人と女性が打撲などの軽傷。乗用車を運転していた43歳の男性も頚部を打撲するなどの軽傷を負い、いずれも近くの病院へ収容されている。ワゴン車を運転していた守口市内に在住する40歳の男にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕している。

現場は見通しの良い区間。聴取に対して男は「前走車の減速にはまったく気づかなかった」などと供述しており、警察では前方不注視が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集