大型トレーラーに積載されていた巨大タンクが落下、車道を塞ぐ

自動車 社会 社会
15日午後8時30分ごろ、福島県福島市内の国道4号で、走行中の大型トレーラーに積載されていたFRP製の円筒形タンクが歩道橋の下部に接触。弾みで車道に落ちる事故が起きた。人的な被害は無かったが、長時間の通行止めが生じている。

福島県警・福島署によると、現場は福島市浜田町付近で片側2車線の直線区間。大型トレーラーは荷台にFRP製の円筒形タンク(全長約10m×直径約3m)を積載した状態で下り線を走行していたが、タンクが歩道橋の下部に接触。弾みで後方に押し出されるように荷台から脱落し、車道を塞ぐように落ちた。

この事故による人的な被害は無く、後続車も巻き込まれることなかったが、撤去には時間を要することになり、下り線側が約3時間30分に渡って通行止めとなった。

路面から歩道橋下部までは約4mの高さがあったが、トレーラーの荷台にタンクを積載した状態でわずかにこれを超過していたものとみられる。警察は運転者から事情を聞き、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集