東武鉄道の新型特急「リバティ」デビューで記念切符 4月15日から

鉄道 エンタメ・イベント
記念切符のイメージ。4月15日から発売される。
  • 記念切符のイメージ。4月15日から発売される。
  • 500系「リバティ」は4月21日から運行される。
  • 500系「リバティ」は4月21日から運行される。
東武鉄道は4月15日から、「新型特急500系リバティ運行開始記念乗車券」を発売する。4月21日にデビューする500系特急形電車「リバティ」の記念切符。東武線の主な駅などで販売される。

「リバティ」は東武の新型特急電車。1編成の車両数は3両だが、複数の編成を連結して運行することもできる。途中駅で編成を併結・分割することにより、複数の行き先に向かうといった運用も可能だ。4月21日のダイヤ改正にあわせて運行を開始し、浅草~東武日光間の『リバティけごん』や浅草~会津田島間の『リバティ会津』などで運用される。

記念切符は軟券仕様の片道乗車券6枚セット。台紙には「リバティ」の運行エリアや内外装に関する説明がある。発売額は1セット1000円で5000セット限定。浅草駅など東武線の計38駅と東武グループツーリストプラザで販売される。発売期間は5月14日までの予定だが、売り切れ次第販売を終了する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集