【ストップ 粗悪修理】接着剤で無理矢理 取り付け!…不完全修復の全貌 その18

自動車 ビジネス 国内マーケット

写真1-1
  • 写真1-1
  • 写真1-2
  • 写真1-3
  • 写真2-1
  • 写真2-2
  • 写真3-1
  • 写真3-2
  • 写真4-1
本記事では、BSサミット事業協同組合・業界問題委員会を中心に収集している他社工場での粗悪修理の事例を紹介していく。

目の届かない部分における手抜き処置や、質の低い作業など、粗悪修理の行われた車両は、命の危険も伴う。今後このような不具合車両が無くなるよう、安全で適切な修理を行うことの重要性を呼びかけていきたい。

◆ケース1

フロント回りの損傷事故で入庫してた車両。フロントバンパーを外してみたところ、以前の事故で、前回りの骨格部分が全く修理されてないことがわかった。フロントバンパーのみ交換されて、見えない部分については修理されてなかったことが推定される。
(写真1-1、1-2、1-3)

◆ケース2

リアーバンパー交換で入庫した車両。バンパーを取り外して見たところ、自動車用接着剤で無理矢理取り付けられていた。前回の事故修理で左右リヤフェンダーの引っ張り作業が不十分だったと考えられる。
(写真2-1、2-2)

◆ケース3

お客さまから、バンパーを軽くぶつけてしまったとのことで入庫した。新品のバンパーを取り付けても相手側パネルとの建て付けがうまくできないので調べたところ、過去の事故でフロント回りの骨格部位が左右とも未修理の状態だった。お客さまに過去の修理履歴について聞いたが、中古で購入したためわからないとのことだった。
(写真3-1、3-2)

◆ケース4

フロント回りの損傷事故で入庫した車両。状態を確認すると、過去の事故のずさんな修理の影響で車体の各所に亀裂などが残っていた。サビも発生していて驚かされる状態だった。
(写真4-1、4-2、4-3)
《カーケアプラス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集