2016年度、リコール届け出台数1584万台…昨年に次ぐ過去2番目の多さ

自動車 テクノロジー 安全
タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
  • タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
国土交通省は4月7日、2016年度(2016年4月~2017年3月)の自動車リコール届け出台数(速報値)を発表。リコール件数は前年度比4件減の364件、対象台数は同314万2236台減の1584万8401台で、昨年度に次ぐ過去2番目の多さとなった。

タカタ製エアバッグに関するリコール届出は43件、対象台数621万8677台で、総対象台数の約40%を占めた。また、対象台数が50万台を超えるリコール届出は9件(内タカタ製エアバッグ関連5件)、対象台数776万6395台(同442万8580台)で、総対象台数の約50%(同28%)を占めた。

2016年度で対象台数が最も多かったのは、トヨタ『プリウス』他6車種の「燃料蒸発ガス排出抑制装置に亀裂が入り燃料が漏れるおそれ」で155万9578台。2位はトヨタ『カローラ』他18車種の「タカタ製エアバッグ関連の不具合」で115万9578台、3位はダイハツ『タント』の「ガス封入式ステーの外筒が破損しステーが飛び出るおそれ」で79万8550台だった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集