まずは一回、海に出よう! 新しい仲間と新しいことを

船舶 企業動向

まずは一回海に出よう!半日楽しんで一人8000円! 仲間と一緒にYAMAHAマリンクラブシースタイルでボートを借りてみる。
  • まずは一回海に出よう!半日楽しんで一人8000円! 仲間と一緒にYAMAHAマリンクラブシースタイルでボートを借りてみる。
  • この日は3人で利用。
  • 出航前の点検などもおさらい。
  • チェック項目は免許取るときに教わる内容に沿う。
  • 仲間と一緒にYAMAHAマリンクラブシースタイルでボートを借りる。
  • 第一海ほ。東京湾の真ん中だ。
  • 海ほたるの周りは魚が回遊している場所だという。
  • 試しに竿を垂らしたら、ヒトデが釣れた。
先日のジャパンインターナショナルボートショーの会場で、友人がヤマハマリンクラブ「シースタイル」に入会。早速借りてみるというので、私も一緒に乗ってきた。

シースタイルは小型船舶免許を持っていれば入会することができる、会員制のレンタルボートシステムだ。全国各地にホームマリーナがあって、いずれのマリーナでも同じ料金で借りることができる。なお、マリーナによってレンタル艇のラインナップが異なり、貸し出し時間が違うケースもあるので、予定を立てる際は事前に問い合わせしていただきたい。

その友人はだいぶ昔に船舶免許は取得しており、クルージングを楽しむというより釣りを時々楽しんでいた。シースタイルに入会すれば仲間で気兼ねなくボートをレンタルできる。また、スタッフの同行サービスもあるので、こうなれば、遊漁船に乗るのにほぼ近い感覚だ。ボートに“乗る”というよりも、ボートを“使う”ことができることにメリットを感じて入会した。

この日は初回のレンタルということで、講習と、レンタルした木更津マリーナ周辺から行くことのできるフィッシングスポットを、ローカルルールや浅瀬などの注意事項を確認しながらのクルージングとなった。第一海ほから第二海ほを回り、東京湾アクアラインの海ほたる周辺を回り、木更津マリーナに戻るというコースだ。ほぼ走りっぱなしの3時間。

この日レンタルしたボートは『YFR24』、コンパクトながら力強いフィッシング艇だ。175馬力のエンジンと、波のキレの良いハル形状は乗り心地にも奏功。結果的には大満足のひとときを過ごすことができた。

スタッフの同行もお願いした。地元のスポットは地元で経験のある人がよく知っており、色々と聞ける話もためになる。燃料代40リットル強の費用を合わせて、3人で乗りに行ったので、ひとり8000円ほどで、半日楽しめた。この日の船もあと2人乗れるので、そうすればさらに安価に利用することができる。

この日誘ってくれた友人も「シースタイルにはいると自分のペースで海に出られるので良い。実際はボートに乗りたいというよりも、釣りを楽しみたい方だが、シースタイルに入会するためには免許が必要なので、免許を取っておいて良かった」と話していた。

免許をとると、行動範囲が広がり、新しい仲間と新しいことができる。ヤマハシースタイルはそんなことを簡単に、多くの人が楽しめる機会を与えてくれる。
《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集