東京メトロ、日比谷線の新型車デビューで記念グッズ製作

鉄道 企業動向
4月7日から発売されるトートバッグ(左)と18日から発売されるメラミンカップ(右)。いずれも13000系のデビューを記念したグッズになる。
  • 4月7日から発売されるトートバッグ(左)と18日から発売されるメラミンカップ(右)。いずれも13000系のデビューを記念したグッズになる。
  • 3月から本格的な運行が始まった13000系。2020年度まで順次増備される。
  • 13000系の導入に伴い03系は引退する。
東京地下鉄(東京メトロ)は4月7日から、日比谷線の新型車両「13000系」のデビュー記念グッズを販売する。まずトートバッグが4月7日から販売され、続いて4月18日にメラミンカップの販売が始まる。

トートバッグのデザインは「ラウンド柄」「スクエア柄」の2種類。メラミンカップのデザインも、東京メトロ各線の車両を描いた「車両CG柄」と、13000系に東京メトロのキャラクター「駅乃みちか」を加えたデザインの2種類が用意される。

発売額(税込)はトートバッグが1000円、メラミンカップが500円。東京メトロの通販サイト「メトロの缶詰」や半蔵門線押上駅構内のメトロス押上店、地下鉄博物館(東西線葛西駅に隣接)で販売される。

13000系は日比谷線の新型電車。2016年12月に臨時列車として特別運行が行われ、今年3月から本格的な営業運用に入った。2020年度中に308両(7両編成44本)まで増え、03系電車の336両(8両編成42本)を置き換える予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集